845ab610d932ba8e69091a144666cbc3_s

仮想通貨を簡単に説明すると


2017年は、仮想通貨が飛躍する「仮想通貨元年」と言われているのをご存知ですか?

皆さんも「ビットコイン」という言葉は新聞やニュースなどで聞いたことがあるかもしれません。

そんな仮想通貨とは、一言でいうと、
紙幣・通貨は存在せず、
インターネット上にデータとして存在している架空の通貨の”総称”です。

仮想通貨=ビットコインと思われる方もいますが、仮想通貨は他にもイーサリアム、
ライトコイン、ダッシュコインなど600以上存在すると言われます。

通常の通貨は、円やドルなどのように政府や中央銀行などの公的な発行主体が存在し、
それらの信用が担保となりますが、仮想通貨はそれらの管理者は存在しません。

管理者がいないのに信頼が担保され、価値が生まれたのはなぜでしょうか?

仮想通貨の信頼と価値

仮想通貨は別名で暗号通貨(英語ではクリプト・カレンシー)と言います。

偽造したり情報を書き換えたりできないようする
「ブロックチューン」と呼ばれる
インターネット技術で成り立ち、信頼を得ています。

 
また、それらの価値は、国家や中央銀行が管理・発行する従来の通貨ではないため、
個別の国の情勢に影響されづらいことが言えます。

また、決済には金融機関を通さないので
手数料などはほとんどかかりません。

それに加えて、仮想通貨にはそれぞれ数量が決まっており、

ビットコインでは2,100万枚
リップルでは1,000億枚

と上限が決まってます。

それぞれ発掘(マイニング)という技術を要して得ることも可能ですが、投資・運用コストが
莫大になることから一般での発掘は困難と言われ、希少性に注目を浴びています。

そのような意味では金やプラチナに近いものがあります。

これらの価値と希少性から最近では、専門の取引所を介して円やドルなどの通貨と交換できる
コインとして賑わってきました。

|仮想通貨はいつから?

暗号通貨が注目されたのは、2008年からです。

技術的な議論をするメーリングリストの中で、「
サトシ・ナカモト」という人物が、

『Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System』(ビットコイン:P2P 電子マネーシステム)

という論文を投稿したことろから注目を浴びます。

この論文では、従来の管理者が通貨を発行するという仕組みではなく、
インターネット技術であるブロックチューン:
「P2Pの仕組み」を利用することで分散処理し、
暗号化技術と組み合わせることで、コインの信頼性を担保するというものでした。

この考え方に、多くの研究者やプログラマーが触発され、有志が集まってプログラミングを行い、
2009年にビットコインが初めて「発行」されます。



|仮想通貨の価値はピザから


53f6acd74663a105cfc11ed4ad55857d_s


そんな発行も、当時は技術的な試みだったのですが、ある時に等価価値が生まれます。

メーリングリストのなかで、ある人が、「誰かビットコイン1万枚とピザを交換しない?」と
ジョーク的に投稿しました。

このジョークを面白いと思った別の人が、ピザ屋に注文して家に届け、1万ビットコインと
交換しました。

この取引が、ビットコイン史上初の商取引と言われています。

なお、最近の1ビットコインの価格は、十数万円なので…今となっては数億円のピザです。

とんでもない価格のピザを買ったことになります。

このように最初は、ジョークでスタートしたビットコインの「支払」ですが、
通貨として使えそうだと広がってきたことで、だんだん価値を持つようになってきました。


 
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin