Screenshot 131














|モネロコインとは


今回は、モネロ(Monero XMR)という仮想通貨について分析して
行きたいと思います。

ビットコイン開発以降の仮想通貨をアルトコインといいそのうちの
一つがモネロ(Monero XMR)です。

ビットコインは、匿名性が高いとよくメディアで言われていますが
実際のところ完全な匿名性はありません。

その中で匿名性の高い仮想通貨DASH、Zcash、
モネロ(Monero XMR)があります。
※DASHやZcashの記事は当ブログ内でも紹介してますので、御覧ください。

Monero(モネロ)の通貨単位は「XMR」になります。

登場した時期は、2014年4月18日であり、

供給量の上限:18,400,000XMRとなっております。

マイニング(採掘)は、CPUで可能であり、
4年でおよそ86%が採掘されております。

Screenshot 135

※コインチェック取引所のチャートです。確認される方は下記からどうぞ。

簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck


一時期、大きな飛躍をしたモネロですが、最近では
ちょっと価格が下がってきております。

その理由と今後を考えて見たいと思います。




|モネロの特徴①

モネロ(Monero XMR)が人気になったひとつに、
ビットコイン以上に匿名性を持っているところにあります。

モネロ(Monero XMR)は「リング署名」という技術を使用して
いるところに注目です。

リング著名とは、閲覧と送金用の二つのアドレスを保有しており、
送金を行った際ワンタイムアドレスというアドレスを作り出して
いるものになります。

取引の履歴は、ワンタイムアドレスが履歴となるため外部から
追うことができません。

ビットコインでは、いくら、どこに、いつ送ったか外部から
把握することができますが、モネロではこのような仕組みから
匿名性が高いと言われています。

|モネロの特徴②

モネロコインが採用しているPOW(プルーフ・オブ・ワーク)
は通貨を改ざんすることが難しいとされています。

しかし欠点もあり『悪意あるハッカーの攻撃に弱い』という
側面が短所と言われています。

このPOW方式を起用しているアルトコインは他にもありますが、
モネロは、攻撃に弱い一面があることから、最近ではPOS
(プルーフオブステーク)を採用するコインが増えてます。

しかしモネロコインはPOWを採用しつつ、さらにセキュリティの
高いプロトコルを利用することによって、更なる安全性を確保して
いるのです。




|モネロの今後

その匿名性から、闇市場にて使われることが懸念されています。

個人的には、闇市場で使用されることから今後は規制がかかって
いくのではないかと思います。

ただ、短期的な投機で見るとそう言った市場での資金は莫大なため
価値増加もあることも考えられます。

長期で持つなら、発行数量もビットコインやイーサリアムに比べて
少ないため価値の変動が起こりやすい仮想通貨です。

よって、ビットコインやイーサリアムを持つのに比べてリスクも
高まります。

発行数量が、少ないことから闇組織が保有するとその資金力も
半端じゃないので価値の変動が不自然なほど起こり結果、
犯罪の抑止力となっていると言われています。


|モネロの投資価値

匿名性のある通貨は人気がありますが長期で持つにはリスクが
高いそうです。

短期で投機的な意味で投資をすれば大きく稼げる可能性はあります。

事実、2016年よりモネロ(Monero XMR)を保有していた投資家は
資産を30倍以上に増やしています。

ただ、モネロ(Monero XMR)を取り扱える取引所はまだ少なく、
日本での大手では、コインチェックという取引所で買うことが
できます。↓

簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

試しに、購入されて見るのも良いかと思います。
※投資は自己責任でお願いします。


★他のアルトコインってどんなのがあるのいう方に一覧も作ってありますので、ご参考までに。
 仮想通貨一覧



日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin