Screenshot 173
















|仮想通貨の選び方

仮想通貨の選び方、ビットコインってどれがいいの?
みたいな話をよく聞かれます。

まぁ正しくは、仮想通貨の種類でどれがいいのか、アルトコインなら
どれがいいのか、なんですが。

ここでは、選び方を「今後の利便性」、「投資価値」で見ることします。



|利便性としてのビットコイン、アルトコイン



個人的な予想も含めると、現状生活に関連した使い方ができる「仮想通貨」
で選ぶ場合は、やはり「ビットコイン」になると思います。

米ドル、円もしかり、なんだかんだ流通している通貨、信頼性が高い通貨
が人気があり、使用するうえでも、使用を許可する店舗の視点で見ても
一番いいからです。

そのような観点でいえば、ビットコインは一番かと思います。

リップルコインやliskなどは商業価値もあるとは思うのですが、近い未来の生活
で考えた場合、やはり店舗などで導入されていくのはビットコインかなと思います。


|投資価値としてのビットコイン、アルトコイン


では、投資価値としてはどうでしょうか。

最近でもビットコインが過去最高の金額を更新したとかニュースになっており
気になる方も多いのではないでしょうか?

なお、予想も現状(8月下旬)では、ビットコインが普遍の一位であり、
堅調な伸び率になります。



Screenshot 178




















※8月末現在

ビットコインについで、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、リップルと
続いてきておりますが、気になるのは「伸長率」になります。


Screenshot 176
※5月時点

8月の順位、時価総額で見ていただくとわかりやすいのですが、まずは
「ビットコインキャッシュ」の存在がないこと。

これはSegwit等の分割問題があり有名ですが、見るべきは他のアルトコイン
の上昇率です。

ビットコインが約5倍になってますが、それ以上の伸長があるNEMコインや
MONEROの存在です。約10倍の価格に。。。

10万投資していたら100万円になる計算です。

ビットコインは多くの投資家なども含めて先行利権が入っていますが、
アルトコインはまだまだ投資価値が高いと思います。

また、最近のハードフォークや投資につく企業などの「今後の成長性」
を考えると、まだまだ利便性の観点からみても、可能性が高いと思うのは
筆者だけでしょうか。

アルトコインを取り扱っている取引所が少ないなか、チャンスも多いかと
思っております。

アルトコインのなかでもまだまだビットコインやイーサリアムなどに比べて
知名度が低いものを取り扱っている取引所は現状、コインチェックやクラーケン
など一部になります。

ご興味があれば覗いてみてはいかがでしょうか。

簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck"








ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin